コウチャンの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 後期高齢者医療現役世代を襲う!

<<   作成日時 : 2008/06/07 21:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

 後期高齢者医療は我々には関係無い!と思っている現役世代の皆さん!処が現役世代が大幅にアップする事が明らかになって来ました。例えば親子3人(44歳・39歳・1歳)のケースでは。昨年の国民保険料年間437000円が、後期高齢者医療が導入された事で、今年は554500円に12万円のアップだ。サラリーマンが加入する健保組合でも、負担増のケースが続出している。大手企業のサラリーマン等3000万人が加入する「健康保険組合連合会」の調査では、141組合が今年度から保険料をアップするそうです、「現役世代の保険料がアップした大きな理由は、後期高齢者医療へ拠出金を出しているからです。後期高齢者医療は、税金5割、現役世代4割、後期高齢者1割の負担で成り立っています。拠出金が増えれば当然、現役世代の負担も大きくなります」(厚労省事情通)

 許しがたいのは、後期高齢者や現役世代の負担は増えているのに、国負担だけは大幅に減っている事です。「後期高齢者医療などを導入した場合、財政負担がどう変化するか、厚労省が2年前に作成した資料を分析すると仰天します。後期高齢者医療を導入すると、平成20年度の老人医療費は総額で5000億円削減されます、ところが内訳を見てみると、公費負担が6200億円も減るのに、老人は100億円の負担増、現役世代は1100億円の負担増になっている。つまり、6200億円と5000億円の差額、1200億円を国民に負担させるシステムなのです」(民主党の山井和則議員)自民党は最初から国民に肩代わりさせるつもりだったのだ。なのに「現役世代のため・・・・」と称して平然とウソを付いていた事になる。舛添厚労省は後期高齢者医療について「低所得者程負担減になると」と大ウソをついた事になる。いったいこの男はどれだけ国民を騙せば気が済むのか?      日刊ゲンダイ6月9日号より

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
オークリー
後期高齢者医療現役世代を襲う! コウチャンの部屋/ウェブリブログ ...続きを見る
オークリー
2013/07/03 17:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
 そうだ、そうだ!!年金も医療費も、年よりも子供も、全部、国民負担を撤廃して、国家が面倒をみてくれるべきだ!!税金はゼロ、掛け金もゼロ、費用負担はゼロでも、見返りはたっぷりの高福祉ゼロ負担の福祉政策だ!!
罵愚
URL
2008/06/08 05:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
後期高齢者医療現役世代を襲う! コウチャンの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる