コウチャンの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 金正日の思う壺?

<<   作成日時 : 2008/06/14 12:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 11、12の2日間、中国・北京で行われた日本と北朝鮮の直接交渉で、北朝鮮は拉致問題の解決に向け、再調査に応じる考えを伝えていたことがわかった。北朝鮮居住のよど号ハイジャック事件関係者6人の帰国に向けて調整?だそうです。これを受け、日本政府は制裁の一部を解除する方針これに対し、日本政府は制裁の一部を解除し、飛行機のチャーター便の往来を認めるほか、船舶に関しても人道物資の輸送に限り認める方針。
早い話が拉致被害者について”解決済みとは言わないけれど調査をする”よど号ハイジャック容疑者は帰国に向けて調整中・・・これって拉致被害者の解決に何の役にも立っていませんね・・・?よど号ハイジャック容疑者を日本に引き渡すのは今更恩着せまがしく言われることではなく、彼等は日本で犯罪を起こして自ら望んで北朝鮮に逃亡したのだから日本に引き渡すのは至極当然のことである。問題の拉致被害者に関して従来繰り返してきた「解決済み!」と言質は言わないだけで一歩前進なんてマスコミが大騒ぎするのはどうかと思います。日本政府として主張すべき事は、「調査結果」の成果としてで果実(制裁解除)を与えるべきであって、これでは前回同様カラ手形に終わる事は目に見えています。しかし拉致した主犯が金正日である事は皆さん口で言わないだけで暗黙の了解事項である。拉致問題の解決はこの品性下劣な人物が失脚しない限り永久に解決に結びつきません。其れなのに如何にも解決の糸口が出来たのは福田総理の手柄みたいにマスコミが大騒ぎするのは解せません。拉致に関わったとされるよど号ハイジャック容疑者も皆異口同音に「一切拉致には関与していない!」強く否定している以上はどの程度拉致問題解決の糸口が掴めるか疑問である。要するにマスコミが大騒ぎするほど何の進展もないと言う事です。其れなのに早々といろんな制裁を緩和する事は、今まで拉致問題の解決なくして制裁緩和なし!の掛け声は一体何だったのか?これでは品性下劣な金正日が常々言って来た「日本を操ろうと思ったらアメリカを籠絡すれば良い!」そんな彼の術中に日本は嵌ったようです。何で世界の大国がこんな品性下劣なメタボ人間である金正日に振り回されるのか?それは北朝鮮の地中に埋まっていると言われているレアメタル等の希少金属の存在です。いまやこの資源の争奪戦が密かに闇の中で繰り広げられています。日本もその争奪戦の蚊帳の外にならないようにその前線に参加するためには拉致問題で足を引っ張られている時ではないと言うわけです。しかしどう足掻いてみても日本は既にこの前線からは離脱していて結局のところは上記の制裁解除と無煙炭のガス化施設4000万ドル(42億円)をふんだくられた上、北朝鮮と国交正常化等になったらもう拉致問題など闇の彼方雲散霧消であの品性下劣な金正日帝王?の思惑通りで日本完敗!となりそうな気配濃厚です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
金正日の思う壺? コウチャンの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる