コウチャンの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 五つの安心プラン・・・?

<<   作成日時 : 2008/07/21 13:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 政府が社会保障分野で緊急に取り組む対策として今月末に公表予定の「五つの安心プラン」の厚労省素案が19日に公表しました。この「安心プラン」は福田総理が先月23日の記者会見で表明。社会保障政策への国民の不安を和らげ政権浮揚に繋げるのが狙いだそうです。

「五つの安心プラン」のテーマは
 1)高齢者政策・高齢者が活力を持って、安心して暮らせる社会。
 2)医療・健康に心配あれば、誰もが医療を受けられる社会。
 3)子育て支援・
 4)非正規雇用・派遣やパートなどで働く者が将来に希望を持てる社会。
 5)厚生労働行政の信頼回復・

 今回、厚労省が纏めたのは高齢者政策・非正規雇用・医療で、高齢者政策は現在60〜64歳では、年金の月額と給与の合計が28万円を超えた場合年金額を減額されるが、案では減額対象の額の引上げや減額幅の緩和で、高齢者の就労を後押しする。希望者全員を65歳以上まで継続雇用する仕組みを導入した企業への減税策を創設する。非正規雇用対策では「フリーター等の若者が早急に就職できるようにし、将来にわたる安定した生活を実現する」として、ネットカフェ難民の就労支援のため、住宅入居時の初期費用や生活資金等を貸与制度や、職業訓練中に生活費を支給する制度を新設を検討する。医療政策では、救急医療の充実のため、医療機関と消防署の連携を強化し、救急患者受け入れコーディネーターを配置することを概算要求に盛り込む。増加する医療紛争を減らすため、医師や看護師らと患者との意思疎通が上手くいくようサポートする相談員(メディエーター)を養成する仕組みを新設。(以上朝日新聞7月19日夕刊より抜粋)

 中々立派なお題目を並べていますが、60〜64歳で年金額と給与が28万円を超えると年金額が減額される仕組み非常に妙な仕組みでこれとて就労する際に厚生年金に加入していなければ減額されません、こんな仕組みは即刻廃止すべきです。非正規雇用対策で将来にわたる安定した生活を実現するために生活資金の一時貸与?これとて早い話が借金です、安定した生活に付かなければ逆に本人の首を絞めることになります。ネットカフェ難民と呼ばれる若者(中年の人もいます)は3ヶ月毎の日雇い契約で毎日何時首になるかと怯えながらの生活です、これでは将来の生活設計等建てようもなく結婚なんて夢の世界です。当然身分も不安定ですから車・住居等の大型資産もローンが組めず買う事が出来ません。こんな不安定な状況で一時的に生活資金の貸与や職業訓練を受けても問題の恒久的な解決には繋がりません。本質は非正規雇用を野放しにしている現状があります、まず企業に対して非正規雇用の歯止めをかけるべきです。それとサービス残業の廃止や定期昇給の実施等。政府が率先してこれらの事を企業に働きかけるべきです。彼らに生活の安定を与える事が日本の景気浮揚に繋がってきます。医療政策にしてもそうです、今や地方の医療は崩壊寸前です。何で救急車の盥回しが起きるのかこの原因は医師不足の一語に付きます。昭和58年当時の厚生省保険局長(後に次官)であった吉村仁氏は「(略)このまま医療費が増え続ければ、国家がつぶれるという発想さえ出てきている。これは仮に医療費亡国論と称しておこう(略)」この論文はその後の日本の医療政策を方向付けたといっても過言ではありません。今回の医療政策の崩壊の始まりと言われています。何れにしてもこれらの政策は現場を知らない”勝ち組”である官僚達が自分たちの目線で作った机上の政策で単なる福田政権の支持率向上のためにやってますよ!と言うアリバイ創りの作文です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
五つの安心プラン・・・? コウチャンの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる