裁判員制度は日本になじまない?

- タイトルなし -」について
ヨーロッパ・アメリカに於ける陪審員制度は数百年の歴史の中で住民が自らの生活を守るために創り出してきた者です、それをたかが60数年の与えられた民主主義の歴史の中でいきなりお上?よりお前等で判決を出せ!と命令されても、我々住民は戸惑うばかりです。単なる形式的な物になるのではと思います。※殺人事件の裁判で必ずといって良いほど弁護士の弁護に出てくる「心身耗弱で無罪或いは無期懲役」と言う弁護、マァ~仕事上そんな弁護しかないのも多分弁護士さんにとっても有る意味辛い気持ちもあるでしょうが、我々門外漢に言わせたら他になんか弁護の方法が無いのかと思いますが・・・庶民感情としては一寸納得がいきませんね・・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック