輸出企業は消費税増税大歓迎!





明日からついに消費増税が実施されて我々庶民の生活は一層苦しくなります。わずか3%のアップと言いなかれ、その3%の消費税アップで全ての生活必需品が上がり、ただでさえ厳しい我々庶民の生活を直撃します。確か消費税の増税分は社会保障に充てます。と政治家の皆さんが仰ってたように思いましたが、それにしては保険料は上がり、年金は減らされ、我生活益々貧しくなるばかりです。一体上がった税金分は何処に?と思ったらなんと上がった分は大企業の減税に充てられるそうです。何の事はない大企業は我々庶民の上がりを掠め取って膨大な利益を上げているのです。これには江戸時代の悪代官も真っ青です。サラリーマンには増税分の穴埋めには程遠いお涙金の賃上げ(一部大企業のみ)で、上げた上げたとマスメディアを使って大宣伝、結局いずれにしても痛みは我ら庶民に皺寄せ。ところがナント!その上輸出で稼ぐ大企業は消費税アップ大歓迎!だそうです。輸出戻し税と言う大企業にとっては有難い制度があるそうです。この制度は輸出品に税金がかからないので、下請け企業より部品などを仕入れる場合に消費税を支払っていますが、その支払った消費税の上乗せ部分を今なら8%分を国から還元して頂く仕組みだそうです。ところが実態は仕入れの際に消費税を支払っている大企業は等殆どいないそうです。そんなわけでこの戻し税は国からの大企業に対してのリベート早い話が賄賂のようなものです。そんなわけで輸出企業にとっては消費税が上がるだけ得をするのです。元静岡大学教授の湖東京至氏の試算によると、今回の消費税アップでトヨタの戻し税は1801億円から2882億円に、同じく日産は906億円が1450億円に、ソニーは635億円が1061億円になり、当然のことながら輸出額の大きい会社ほど、戻し税も大きくなるそうです。来月商用で出かける電車の切符を買いに駅のみどりの窓口に行ったら大変な列、並んでいる若い女性に聞いたら4月までの定期券を一旦払い戻して新たに買い直すのだそうです。斯く言うそういう私も今月中に来月使用の切符を買えば僅かではあるが多少とも消費増税分が安くなるかな・・・電気屋さんに行ったら冷蔵庫・洗濯機などの電化製品が品不足で今日申し込んでも入手するのは一ヶ月後になるそうです。庶民はこうして涙ぐましい努力をしているのです。

それなのに政治家と来たら人から8億円の金を借りてその金で熊手を買ったそうです、8億円の熊手ってどんなのかな~
そうかと思えば5000万円の金を貰ってお咎めなしとは、政治家の矜持ってどこに行ったんでしょうね・・・呆れるばかりです。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

hesomagag
2014年04月01日 17:09
そんな話があるのですか、知りませんでした。輸出企業のリベート?なにかおかしな話ですね。普通に考えれば 下請けから消費税込の価格で部品を買い その部品で製品を作る それで利益が出るような値段を付け販売するのであって 全く国が企業へ払い戻す必要性が全然出てきませんが・・・ 何か輸出に関して部品価格の消費税税分を最終製品価格に乗せてはいけないと言う国際法でもでもあるのでしょうか?

この記事へのトラックバック