政治資金規正法について・・・

画像

政治資金規正法違反容疑で民主党小沢党首の第一秘書が逮捕され小沢氏自身の事情聴取も取りざたされていましたが、どうもそれは無いようです。対する自民党の二階大臣も同じく西松建設よりの不明朗な政治献金の容疑が掛かっているが、どういうわけかこちらはお咎めなし?中味を見たら小沢氏は西松建設からと言う疑惑の有る個人名義の献金を一応法律に則り明記しているが、二階大臣はそれすら隠していると言う事でこちらの方が遥かに悪質である。自民党の閣僚等は宿敵小沢氏の秘書が逮捕された事で溜飲を下げて小沢氏に対するバッシングのボルテージを上げ、麻生総理は「悪い事をした人は逮捕されるのは当然の事」なんて自分等のことは棚に上げて吼えているが、私から見たら元々同じ穴の狢、ドッチもドッチ「目くそ鼻くそを笑う」如しです。いずれも次元の低い争いで政治空白を広げている事に私ばかりではなく多くの国民も呆れている事でしょう・・・・・・・。

そんなわけで政治資金規正法って何?と言うわけで関連の法律のサイトを下記に列記しました。
一寸退屈かもしれませんが頑張ってお読み下さい。

政治資金規正法の概要

政治資金規正法

平成19年分政治資金収支報告書の要旨(平成20年9月12日付け官報)(PDF)

政党助成関係資料

これ等資料は全て総務省サイトからの抜粋です。
因みに政党助成金を受け取っていないのは日本共産党のみです、しかしこの日本共産党が受け取らない助成金を他の党で山分すると言うのも納得がいきません、会計法上そうせざる終えないようですが、やはりこの金は貴重な国民の血税です。例えそうであっても日本共産党が受け取りを拒否した助成金は国庫に返還するのが道理に合っているような気がします。また大企業から献金を受けていないのも日本共産党のみです。粗探しの得意なマスコミもこの日本共産党の姿勢をもっと評価しても良いような気がします。私の場合は当然主義主張は別にしても日本共産党のこの姿勢は大いに評価しています。

"政治資金規正法について・・・" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント